限定市場はグッドスマイルカンパニー、アルター、スカイチューブなど完成度の高いメーカーのスケールフィギュアのみ扱う美少女フィギュア専門店です。新品販売のみ。中古買取・販売もしていません。

営業時間 昼12時〜19時。営業日 週末。

騒ぐ、商品を大切に扱わないなど店内でのマナーが非常に悪いため、小さいお子様を連れての入店、18歳未満の入店(親との同伴も不可)はお断りさせていただきます。

開業準備

棚を探していた。

商品の美少女フィギュアは箱に入っているとしても、やはり埃がついてしまう。

すると

知人からメールがあり、潰れたお店の棚を安く譲ってくれると教えてくれた。

新品なら10万円はする棚だ。それが1万円でいいとのこと。

鍵のかかるガラス戸がついたタイプなので、埃対策にもなる。

また

小さい商品(フィギュア付きコミック本やDVD、CD)を入れれば万引き防止にもなる。

人と人のつながりに感謝した日だった。

よもやま

自分で店をやろうとしてから、商売の基本を考えさせられる。

清水区で美少女フィギュアといったら、あるお店の名前が多くあがる。

だが

そこはオーナーが道楽でやっているようなお店だった。


営業時間は守らない。
いきなり店をしめてでかける。


ということが一年に何度もあった。

これでは客は可哀想だ。

リンクさせていただいているコレクション・ピピさんはその点、立派だ。

ちゃんと営業時間を守っている。

いつでも開いている。

商売なので、とうぜんといえばとうぜんかもしれない。

しかし

ピピさんのキレイなお店をみて「自分も店を開きたい」と思った人間として、見習っていきたい。

よもやま

成功者の教えが好きだ。

世の中にはチャレンジャーがたくさんいる。

とうぜん

成功もするが失敗もする。

失敗をする人間のほうが多いだろう。

それを参考にさせてもらう。

成功しているならいいところを。

失敗しているならどこが悪いのか。

ひとのふりみてわがふり直せは、ここでも重要だ。

開業準備

いろいろな成功者が書いた本を読んでいる。

本はいい。

成功者の考え方や、実行してきたことが凝縮されている。

何百冊と読んできて、さいきんようやくわかったこと。


まずやってみる。
それも、小さくお金をかけずにやってみる。
失敗を改善する。
うまくいったところは伸ばす。
繰り返す。


ということ。


ある本を読んだら、開業資金が雑貨屋は数百万円必要・・とあった。

冗談ではない。

そんなにお金はないし、そこまで金をかけて失敗したら目も当てられない。


退職金をすべてかけてコンビニを開き、半年で店が閉まっていた例もある。残ったのは後悔と借金だろう。


私なら


店舗は居抜き、そのまま使えるものはそのまま使う、不動産もできれば不動産やを通さずに大家から直接借りる。在庫もできるだけもたず、宣伝もほとんど無料のネットをうまく使う。


小さく確実に堅く。


進んでいきたい。


店長の読書



お店を必ず元気にする店長のオキテを読みました。

お店をやること
店長になってひとを使うこと

は大変だな・・・と感じます。

まぁ

当店はひとを使う予定がないので、その点は気楽です。

ただし

やはりお客さんに「きてよかった」「またいきたい」と思ってもらえるお店にしたいです。